ちょっといいはなし
新緑
俳句
ブログ
プロフィール
リンク
HOME > 国語科教育 >
国語科教室
ひとつのことば
back   next 一覧表に戻る

  「電子絵本つくり」の学習から得たもの

   言葉の教育は心の教育である。日々の教室の実践が、生きる力と結びついているという実感が
学ぶ意欲につながる。  このことに関わる言葉の働きを少し考えてみたい。
  かつて、なにかの本で言葉に関わる次の詩を読んだことがある。題も作者も忘れたが内容はしっ かりと記憶している詩である。     

          ひとつのことばで  けんかして
                   ひとつのことばで   なかなおり
           ひとつのことばで  おじきして
           ひとつのことばで  なかされた              
          ひとつのことばは   それぞれに 
           ひとつのこころを     もっている                     

  子どもの日々の生活には、言葉の行き違いで誤解して喧嘩になったり、憎みあったりすることもあ る。また、言葉のぬくもりにふれ、生きることに喜びと自信を持ったりするということは多い。
言葉が 人間関係を豊かにもするし、その逆の場合もあることを子どもたちが気づけ「ひとつのことばで けん かして」「ひとつのことばで なかなおり」の意味の深さを知るであろうという意味において、心に留 めている詩である。
  しかし、本当に国語の授業が、生きる力につながる言葉の力を育ててきただろうか。
総合的な学習を視野に入れた全国的な研究会で、提案者が次のように実態を披瀝した。
「総合的学習で、子ども達は次々と課題を見つけて学習を進めていった。その過程でい くつかの壁 にぶつかっていった。電話のかけ方を知らない。まとめ方を知らない。メ モの取り方が分からない。
当然、国語の時間に育てておくべき力なのに、その力がつ いていないことが分かりどうしょうかと 思った。」  

  言葉の学習の成果は、生きた場で働く事にある。が、本当は、そうでなかったという事実はこれから の国語教育を考えていく上で大切な指摘である。
  教育課程審議会は「物語の詳細な読みからの脱皮」を指摘し、「活動あって学習なし」という新学力 観への批判もある。国語教育の更なる発展を考えるとき、これからの国語教育は、どんな力を育てる かについて実践で提言するときであると考えている。

Copyright(c) 2007 絆ー365日 All Rights Reserved